マスクをつけることは、新型コロナウィルス感染防止につながるのか?

健康自律力 免疫力 心の健康 身体の健康

「周囲に合わせないことの気分の悪さ」

「マスクを着用することの気分の悪さ」

どちらを取るか?の選択として

・・・僕は周囲に合わせない方を選ぶことにしました。

僕としては、

大変勇気をふりしぼっての決断でした。

でも一方で、

僕はラッキーな方だと思っています。

世の中には、

そのようにしたくとも、

許されない人が潜在的に大勢いらっしゃるのではないか?

と想像されるからです。

同調圧力

と言います。

【マスクをつけることが、果たして本当に、新型コロナウィルス感染防止につながるのか?】

僕がマスクをつけることによって、

感染者が減るのであれば、

僕は必ず実行します。

約束します。

でも、

僕が調べて

自分の頭で考えたところ

どう考えても感染者減少につながるとは思えない。

むしろ、

マスクを着用していることによる

健康被害のリスクの方が、

はるかに大きいと考えています。

●マスク着用による(「ある」とされる)感染リスク低減効果

・飛沫感染の防止

・無症状感染者は人にうつさない

おおよそこの2点だと思います。

ですが

マスクの穴はウィルスの数百倍であるのは

少し調べればわかることですし・・・・

「無症状感染は限りなくゼロ」

という研究報告もエビデンスと共に出ているわけで、

そういう情報を知ってしまうと

マスク着用の「押し付け」に対して

違和感・抵抗感が高まってしまうのであります。

さて一方

●マスク着用による健康被害

・呼吸困難

・酸素不足による脳への悪影響

・皮膚炎

・マスクを長時間または繰り返し使用することで雑菌が増殖

・表情を動かさなくなる

・ストレス

ざっと思いつく限り列挙してみましたが、

書いていて呼吸が浅くなっていることに気付かされます。

(マスク・アレルギーかな笑)

風邪をひいた時や引きかけの体調不良のときは、

僕もマスクを着けます。

そういうときのマスクは、

本当にありがたいと感じています。

マスクなしだと、

冬の

乾いた冷たい空気が口中と喉を刺激して

・・・つらい。

でも、

身体になんの異常もない時に

しかも真夏の猛暑の中で

マスクつけるなんて、

どうかしてるとしか思えません!

特にいまのような、

さわやかな気候の時には

思い切り息吸って、

吐いて、

エネルギーを入れ替えたくなりませんか?

自分を取り戻しましょう。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

アーカイブ