春眠と免疫力の関係

健康自律力 免疫力 身体の健康

質の高い睡眠は、免疫力UPにつながります。

眠っている間に、自己治癒機能が発動するのです。

体感覚的には、疲れが取れてスッキリした状態。

すると、免疫細胞が活性化しやすい状態になるので菌やウィルスやアレルゲンに対する抵抗力が高くなります。

春眠暁を覚えず(しゅんみんあかつきをおぼえず)

と言いますが、暖かくなるこの時期、僕はいつも眠い。

昨日もずいぶん昼寝してしまいました。

そして夜もぐっすり眠れました。

どれだけ眠るんだ〜、と自分であきれてしまうほどですが・・・僕にとって春とは、眠くてしかたがない季節なんですね〜

でも、これは花粉症などのアレルゲンに対抗する、身体の正しい反応というか健康維持機能なんだと理解しています。

逆にサラリーマン時代は、自分の身体のことなんか考えずにいつも睡眠不足で、鼻炎が発症したら薬を飲んで、という感じでずいぶん自分で自分をいじめていたなぁ。

そういう時期があってもよいとは思う反面、基本的には身体の言うことを聴きながら過ごすスタイルがいちばん健康的だと僕は考えています。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

アーカイブ