マスクが嫌い

健康自律力 心の健康

僕はマスクが嫌いです。

コロナ以前はどっちでもなかったのですが、

今は特に嫌悪感MAXであります。

だって街に出ると、

誰もがマスク付けてるんだもの。

気持ち悪いったらありゃしません。

自分があの中へ入るのを

想像するだけでゾッとします。

マスクを着けるのをヤメる決意をしてからは、

僕はマスクを、

ほぼ持ち歩かなくなりました。

すると

呼吸とともに、

気持ちがスゥッと楽になりました。

お店に入るとたまに

「お客様、マスクはお持ちですか?」

とか

「お客様、マスクをご着用ください」

とか言われますが。。。

「大丈夫です!」

ときっぱり答えるようにしています。(笑)

マスクが感染防止になるという科学的根拠は、

いまだにはっきりと聞いたことがありません。

実はね

・・・

僕は、マスクを着けたかった。

本当は、みんなと同じように、ふるまいたいのです。

でもね

どうしても、

納得がいく理由が見つからないのであります。

「そうか、マスクにはこういう効果があるのか!」

という納得感が1ミリでもあれば、

それを手がかりに

「暑いけど、少し苦しいけど、仕方がないよね」

と我慢するモチベーションが生まれたと思う。

納得できないのに、

ただ周囲に合わせるために

マスクを着ける。

しばらくは(1年余りかな)我慢していました。

でも、限界を超えました。

マスクを着けると

気持ちが悪くなるのです。

本当は着けたいんだけど、

これではやむを得ません。

先日、あるリアルの交流会に参加してきました。

そこは、マスク着用ルールがありました。

僕の基本方針として、

普通だったら黙って引き上げるところですが

そこはお世話になっている方が主催する

大切な場所だったので、

ルールに従うことにしたものでした。

主催者の方は、

マスクに予防効果があると信じていらっしゃるようでしたが、

「あなたは間違っています」

と指摘し、

僕が知っている知識をお伝えするつもりはありません。

もちろん機会があれば、

一つの情報としてお伝えしますけれども、

そういうタイミングではありませんでした。

この方は、

ご自身で考え、

判断され、

方針をお決めになった。

だから、

そこは尊重したいというのが

僕の気持ちです。

そういうことなら、

マスク着けるくらいの協力はしますよ。

僕が我慢ならないのは、

何も考えていない連中です。

その中でも、最も許せないのは、

この国の権力者です。

そして、

彼らは何も考えていないはずはないから

実は非常に悪質だと思っています。

以下、

炎上覚悟であえて言います。

わりと最近のことです。

フランスかドイツかのガソリンスタンドで、

アルバイトの若い店員が客にマスクを着けろと指導し、

逆上した客が、銃でそのアルバイトくんを射殺してしまった

という痛ましい事件がありました。

殺人は重い罪だし、

バイトくんは気の毒だと思いますが、

それでも僕は客の側に強くシンパシーを感じます。

客は、

バイトくんが憎かったのではない。

バイトくんを通して

自分に浴びせられる

「マスク着用を強要される社会的な圧力」

に対する拒絶が、

凶行に走らせたのです。

こんなこと書くと、

僕が危険人物と見做されてしまうかも知れませんね。

でも、

人間追い詰められたら

どんな行動を取るものか、

誰にもわかりません。

そんなふうになりたくないから、

僕はマスクを着けないスタイルを

選んだのであります。

関連記事

カテゴリー

アーカイブ