コロナ禍、デタラメだらけ

健康自律力 身体の健康

新型コロナウィルスの予防策

それは

昨年流行り始めた時から

今に至るまで変わっていません。

《免疫力を上げること》

これに尽きます。

コロナ以前は、

しばしばテレビの健康バラエティ番組などで

「免疫力」をテーマにした内容のものが

放映されていました。

ところが、

コロナが始まってからは

見られなくなりました。

(今年に入ってから僕は全くT Vを見なくなったので、今現在の実情はわかりませんが恐らく変わっていないと思います。よかったら誰か教えてください)

『国民が免疫力UPすることで、不都合な人がいるのでしょうか?』

こんなこと言いたくないけど、

今の世の中は、

そういう素朴な疑問が

いろんなところにあり過ぎる訳であります。

「考え過ぎでしょ?」

もし、そのようにおっしゃる人がいたら・・・

「あなたが考えなさすぎです」

とお返しします。

コロナ禍が始まって以降、

おかしいことだらけ、

デタラメだらけです。

*交通事故でも自殺でも、亡くなった人からコロナウィルスが検出されたら「コロナで死亡」とカウントしなければならないこと

*そんなふうに「水増し」しているにも関わらず、毎年のインフルエンザ死亡者よりもコロナ死者数はケタ違いに少ないこと。

*それくらい死者数が少ないのにも関わらず、二類感染症に指定され、それにより医療崩壊が起きていること

*コロナウィルスを正しく検知できないと、最初からわかっていたPCR検査が世界標準になったこと

*当初、東京都医師会が「マスクは医学的に予防効果がない」と明言していたにも関わらず、科学的・医学的根拠が乏しいままにマスク着用が常識になってしまったこと

*飲食店が感染源であるとの根拠がないのに長期の営業自粛を強いられたこと

*治験が終わっていない、人類初のm-RNAワクチン(遺伝子組み換えワクチン)が「安全」と言われ世界中で使われていること

*39度の高熱が出る副反応が「あたりまえ」になっていること

*エトセトラ、エトセトラ・・・・

・・・いや、もう思い出そうと思えばいくらでも出てきてしまうよ、ほんとに(苦笑)

これらの理不尽さが

どうにも我慢ならなくて

僕は新しい情報発信を始めた訳ですが・・・

目的は3つあります。

・自分のブレない考えと思いを公表し、確かなものにすること

・僕と同様、今のおかしさに気づいている人へエールを送ること

・気づいていない人には、気づくきっかけになること

特に3番目の目的が、最も意義のあることだと考えています。

僕は4年前までサラリーマンをしていました。

付き合う友人・知人はいわゆる「普通の人」ばかりでした。

みな今頃、日々の仕事や家庭や日常に追われていて、「考える」時間は僕よりもはるかに限られているだろうと想像されます。

そして入ってくる情報も、極めて限定的であろうと想像できます。

そのような前提で、

言葉を選びながら

ない頭を相当使って

この文章を書いている訳ですが、

僕の情報ソースは結構ボリューミーです。

ですので、

「コロナ関連で、特にこういうことが知りたい」

というリクエストがあれば、

どうぞ遠慮なく

個別にお問い合わせください。

関連記事

カテゴリー

アーカイブ