恐怖!全体主義への道

健康自律力 心の健康 近況報告

先日、知り合いに誘われて

『「学問・言論・報道の自由」を圧殺する全体主義の正体』

というシンポジウムに参加してきました。

今、日本を含む世界は、急速に「全体主義」へと移行しようとしている

というのがテーマだったんですけれども、

いちいちごもっともとうなずくばかりの2時間半でした。

相当やばいです、全体主義。

ただ、それをどうしたら食い止められるのか?

というと、

あまりにも事が大きすぎて、

変化の流れが速すぎて、どうしようもない。

ある種の絶望感を感じています、僕は。

でもね

投げやりになっている訳でもありません。

できることをやる。

そして、まだまだできることは、ある。

そこはブレずに、行動し続けたいと思っています。

さて、シンポジウムで語られた「全体主義」の一つが、

「ワクチンの強制接種」

です。

パネラーの一人・小山常美先生は、

安全性が十分に確認できていないコロナワクチンを

政府が強力に押し進めようとするのを見て

『「死を他人から押し付けられるか?自分で選ぶか?」の選択』

と受け止めたと語っていました。

つまり、生命・身体の自由を奪われていると。

全く同感です。

「生命の自己決定権」は、人間としての尊厳でもあります。

僕は、ワクチンの安全性に対する疑問を最初から抱き続けていて、自分のLINE公式アカウントで春から初夏にかけて、ワクチンに関するバランスの取れた、識者による情報を毎日発信していました。

ところが、ワクチンに懐疑的な言論は権力者によって「デマだ」の一言で一蹴され、あっという間に国民の過半数がワクチンを打ってしまいました。

僕はこのスピード感に、驚きを禁じ得ませんでした。

誤解のないように添えておきますと、僕はワクチンを全面否定している訳ではありません。

本人が自ら考えて選択するのであれば、ワクチンを打てば良いと思います。

でも、「ワクチンを打たない自由」も認めてもらいたい。

どこかから

「ワクチンを打たない自由も認められてるでしょ?」

という声が聞こえてきそうです。

しかし、残念ながら今の日本において

「私はワクチンを打ちません」

と宣言するには大変な勇気を必要とする場所が、数多く存在します。

同調圧力

全体主義に向かう道の真っ只中に、僕らはいるのではないでしょうか?

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

アーカイブ