「相談」は重要なストレス対策

健康自律力 心の健康

日本には「相談」の文化が根付いていないと言われています。

心にモヤモヤがあるとき、誰かに話をするだけでスッと心が楽になる・・・そんな経験ありませんか?

こんな話をしている僕自身が、実はかつて相談するのが苦手でした。

「相談するのは、問題を解決するため」

と思い込んでいたからです。

誰かに相談する場合は、自分が問題だと感じている事象の原因が外側にある前提で、人にアドバイスを求めます。

たいていの問題の根本は、自分自身の心にあるのですが、なぜか私たちは外側にあると考えてしまいます。

心の問題と気づいていても、それを打ち明けるのが恥ずかしくて、相談しようという気にならない。

「こんなこと言ったら相手に迷惑だ」

と思い込んでしまい、心の問題は自分一人で解決しようとする。

そうではありません。

確かに「相談」するのは問題を解決するためなんですけれど、それは、心のガス抜きををするためなんです。

人は頼られると嬉しいものです。

起きている事象を解決するため、ではなく、自分の抱える不安やモヤモヤを取り除くために、どんどん誰かに相談しましょう。

結果的に、それが問題を解決する(しかも根本的な解決!)ことにつながるのです。

「相談」は、実は重要なストレス対策なのです。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

アーカイブ