ストレスの原因「不安」解消法

健康自律力 心の健康

おはようございます。

(^^)

ストレスの心理的要因は、「不安」です。

人は不安になると、脳内物質ノルアドレナリンが分泌されます。

ノルアドレナリンは、適度な量であれば、ほどよい緊張感とともに集中力が高まり、いい仕事につながるきっかけにもなり得るのですが、多すぎるといわゆるストレス過多の、緊張し切って何もできない状態になってしまします。

「不安」解消法の基本は、「行動すること」です。

具体的には

「話す」

「書く」

「体を動かす」

自分が不安を感じていると気づいたら、

・信頼のおける身近な人にその気持ちを伝えること。

そういう人がいなかったら

・不安な気持ちについて、書いてみること。

文章が書けなくて行き詰まってしまったら

・体を動かしてみること。(単純に散歩でもいいし、何なら全力疾走してみるとか)

「不安」対策の基本ですが、知っているのと知らないのとではまったく違います。

ストレスフリーの極意は「ストレスとの付き合い方」だと言われています。

ストレスを選択できるようになるのが、「ストレスフリーの達人」と言えるでしょう。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

アーカイブ